有田動物病院



「ペット写真館」有馬ジュンちゃん 平16.1.5
  H15.11.11
★★ペットの健康一口メモ★★
  ★★診療時間変更★★
  
  平成15年
    11月13日(水)午後不在休診
    12月13日(土)午後不在休診
    

    
季節の管理(犬編)
   冬
●犬舎の移動
 犬舎は北向きの寒い場所を避け、南向きの日当たりの良い所へ移動してあげましょう。すき間風が
 入らないようにし、毛布やタオルなどを入れて温かくしてあげましょう。高齢犬や病気を持った室
 外犬は、寒い日に注意しましょう。
●電気器具の事故に注意
 電気カーペットのコードをかじって感電したり、ヒーターでやけどしたり、事故が少なくありませ
 ん。気をつけましょう。また、こたつなどに長時間もぐりこんで熱射病のような症状にならないよ
 うに注意して下さい。
●咳に注意
 呼吸器系の病気が発生する傾向が多くなります。超小型犬、短毛小型犬は特に注意して下さい。
 また、夏にフィラリアに感染した場合、症状として咳が出る場合があります、予防していない場合
 は検査を受けましょう。
●散歩
 冬でも運動は大切です。また、散歩で体が濡れてしまったら、必ず拭いて乾かしてあげましょう。
 室内犬でも暖かい日には外に出して日光浴をさせましょう。幼犬は、くる病予防のためにも大切。
●食事
 特に室外犬では、エネルギー源となる脂肪、たんぱく質の多い食事を与えましょう。

季節の管理(猫編)
  冬
●寒さ対策
 シャムなどの純血短毛種、仔猫、老猫は寒さに弱いので保温に気をつけてあげましょう。
 ペット用の暖房器具もありますが、低温やけどには気をつけましょう。熱いストーブの
 上にのってやけどしないように。
●電気器具の事故に注意
 冬はこたつや電気カーペットのコードをひっかいたり、かじって感電したり、事故が少
 なくありません。いたずらしやすい部分にコ゛ムホースを通したり、ビニールテープな
 どを巻いておくなど事故が起きないようにして下さい。
●風邪に注意
 多頭飼育の場合、一匹が風邪をひくとみんなに感染してしまいます。また風邪に似た症
 状は、猫にとっては致命的な病気のこともあります。早めの治療が大切です。とくに仔
 猫、老猫には気をつけてあげましょう。
●湿度
 冬は湿度が低くなります。エアコンなどで暖房する場合には、加湿器を利用するとよい
 でしょう。

豊岡市 和田トラジちゃん♂ H15.12.27
香住町 下山フレンチちゃん♂ H16.1.5
網野町 西村ケンタちゃん♂ 平15.12.13
日高町 後藤ジュンちゃん♀ H16.1.5
   ★動物病院からのお願い。
@手術中などの時がありますので診療時間に来院して下さい。
Aあらかじめ電話で連絡してくださると、待ち時間が少なくてすむ場合があります。
B時間予約のときは、その時間に遅れないようにしてください。
C病院内で、他の犬に触れないで下さい。
D首輪が抜けないようにし、咬むくせのある犬は前もって知らせてください。
E入院・退院
 ●外科手術や旅行時の預かりなどで入院する際は、原則として予防注射が済んでいることが
  条件となります。有効期限が切れているときは、事前に予防注射を受けてください。
 ●入院中の犬・猫の症状のお問い合わせは、指定された時間にお願いします。退院も、定め
  られた時間にお願いします。
F手術時の注意
 手術前の絶食など、指示されたことは必ず守ってください。緊急手術以外は予約制です。
 費用、入院日数、麻酔や手術方法、危険度など説明をよく聞いてください。
 動物のほうが人間より手術は簡単だと思っている人が多いかもしれませんが、一概にそう
 とは言えません。ただし、痛みは人間より耐えることはできますし、回復力は強いです。
G猫ちゃんを連れて来る時は、専用バスケットや洗濯用ネットなどに入れて来院して下さい。
 首輪とヒモを付けてもらうとなお良いです。
H猫ちゃんの場合、獣医師が指示するまでバスケットなどから出さないで下さい。                      平成14.1.10